メニューを開く メニューを閉じる

SERVICE
その情報から、「価値」と「可能性」と
「確かな成果」を。

Robotic Process Automation

日本の労働者人口の減少や働き方改革の推進といった社会的背景からここ1~2年でRPA(Robotic Process Automation)の企業導入が急速に高まっています。それに呼応するようにRPAを実現するためのツールも多く登場してきた中で、4,000社を超える多くの企業に導入され、かつ、エンドユーザー様自身で活用しやすいRPAツール「WinActor®」に着目。2019年9月から当社でも取り扱いを開始いたしました。

アイ・タップではRPAツールを単にご提供するだけでなく、当社自身が行ってきた長年の業務システム開発とBPOで培った経験とノウハウをもとに貴社の業務の最適化をご支援いたします。

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、主にホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことです。

トピックス

 

WinActorとは

「WinActor」はエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社が開発・提供する日本企業の業務にマッチした日本語のユーザーインターフェースやマニュアル、直感的なGUIにより誰もが容易に使用できる純国産のRPAツールです。
Webブラウザ、Microsoft Excel、個別の業務システムなど、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして学習し、PC操作を自動化するソフトウェア型のロボットです。

WinActorの特長

シナリオ作成の流れ

プログラミング等の特別な知識がなくても簡単にシナリオ作成ができます。

WinActorシナリオ作成の流れ

WinActorの適用事例

WinActorの適用事例

業務システムへのログインから、申請書(Excelファイル)からの必要データ抽出、業務システムへの入力までのRPAシナリオを作成し自動化を行いました。なお、自動化にあたっては、WinActorを適用しやすいように、申請書のフォーマットなども見直しています。

動作環境(WinActor Ver.6.2)

お問い合わせ

WinActorに関するお問い合わせについては、お問い合わせフォームからお願いいたします。

※WinActor®はエヌ・ティ・ティ・アドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。